わたし、、と「麒麟像」

 

こんばんわ~

1週間ぶりになってしまった、、。

 

今日はまず私について少し、、 笑

私は

・オオノ(21)

都内に通う大学4年生

なんですが、

そう私絶賛就職活動中の身でありまして

(呑気にブログやってる場合か)

 

最近は毎日都内を駆け回ってます。ビュンッ

無理し過ぎず、でもちょっと無理するように

なんとか自分を奮い立たせてます。笑

 

そして就職活動を始めて、

社会人として生きていくことの大変さ、

偉大さをやはり実感しました。

当たり前の「普通」でいられること、

そしてそれを維持することがいかに

難しいことであるか、両親の有り難味を

ひしひしと痛感です。本当にひしひし。

 

自分がきちんと社会に出て、義務を果たし、

人の役に立つことができるだろうか、、

今は不安しかありません、、笑

 

まぁでも自分にできることを頑張るしかないですね。

頑張ろう 笑

 

私のどうでもいい話はこんなものにして、、

 

この間、その駆け回ってる間に、

f:id:rererere1919:20170522001548j:plain

日本橋の「麒麟像」を久しぶりに

見かけたんですけど、

久々に見るとやっぱりかっこいいですね。

 

そしてふと、麒麟像って何なんだろうと

と疑問に思ったので、少し調べてみました!

 

『「麒麟(きりん)」は中国の神話に現れる伝説上の「四霊獣」の一つで、【信義】を表している。そして、木(肝)・火(心)・土(脾胃)・金(肺)・水(腎)の『5つの関係』を説く「五行説」の中で、「土王説」において「土」がその中心を司っており、そこに配置されるのが「麒麟」である』

 

『また、「四霊獣」は「平和」を象徴しており、5つの関係の中心に配された「信義」を意味する「麒麟」は「五街道」の起点である「日本橋」にふさわしいとして、このモチーフが選ばれたのでは』

 

なるほど!

 

日本橋》『日本橋(にほんばし)』と、そこに鎮座する翼のある『麒麟(きりん)』は、凛としていて東京の守護神のような出で立ちです。 | 東京すごろく

(参考にさせていただきました)

 

麒麟の「羽」は正確には「背びれ」だったようです。

知らなかった~

「日本の道路の起点となる日本橋から飛び立つ。」

という意味からのデザイン。かっこいい。

 

 

麒麟像の所以が少し分かったところで、、

私「麒麟像」と言えば東野圭吾さんの麒麟の翼』のイメージが

とても強くて、麒麟像を見かけたときに

向こうから中井貴一さんが歩いてくるビジョンが見えました。笑

 

※『麒麟の翼』とは※

2011年3月3日に講談社より刊行され、

2014年2月14日に講談社文庫より文庫版が発刊された

東野圭吾さんの推理小説です。

加賀恭一郎シリーズの第9作目。

 

 

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜

として2012年1月28日東宝で映画化もされてます。

f:id:rererere1919:20170522002823j:plain

 

東野圭吾さんの加賀恭一郎シリーズは根強く人気ですよね。

 

 

この作品では家族の愛や人情が色濃く描かれていて

すごく胸がギュッと切なくなります。

親と子ども、教師と子ども、罪と罰

1つの歯車が狂ったら、すべての歯車が狂いだして

嘘を重ねて、真実を遠ざけることで

家族なのに、家族だからこそ

分かり合いたい、分かってあげたい

という気持ちがすれ違ってしまう、、

 

最後の加賀の言葉が沁みますね。

 

この作品のテーマは

悲劇からの希望と祈り」とされてるみたいです。

深い。。

 

 

麒麟の翼』の小説や映画をまだ観たことのない方には

是非手にとっていただきたいです。

有名な作品だから皆さんきっと知ってますね 笑

 

今回も好き勝手書いてますが、

これでいいのかな。まぁいいや 笑

 

 

それにしても麒麟の像かっこよかったなぁ

今度また見に行こうっと。

(なんだか書き始めると結局ボリューミーな内容になるなぁ 笑)

 

 

おやすみなさい。